初心者でも心配いらず!賃貸経営にチャレンジしてみよう

トップ > 賃貸経営のコラム > 高齢者のための賃貸住宅を経営するには

高齢者のための賃貸住宅を経営するには

 高齢者社会が進む日本ですが、今後必要とされてくるのが、高齢者向け住宅と言われています。この理由として高齢者が住む住宅とは、若年層が住むことになる住宅と同じ作りでは、生活苦になることが考えられるからです。バリアフリーが当然と考えられる住宅では、若年層には必要にないもので、その分だけの費用がもったいなくなってしまいます。同様に、高い所での利用が難しいことや、バスルームやトイレに到っては、転倒防止などの策も必要になって来ます。高齢者のための賃貸住宅が必要とされる理由には、今ではまだ持ち家が多い時代ですが、その構図も変わって来ていることも原因となっています。そこには、住宅を購入するよりも、賃貸住宅を利用して暮らすことに抵抗を感じない人が多くなっていることも、その理由となっているようです。

 今、日本で言われる高齢者住宅の多くは、サービス付き高齢者住宅と言われるもので、入居者が安心して暮らすことを目的としたものになります。2011年に、高齢者の安全確保に関する法律より、バリアフリーであり、入居者の安否確認サービスなどが定められており、都道府県が認定すると、登録が出来ることになっています。しかし、入居に関しては敷居が高いと言う評判も聞こえて来ることがあります。そこには保証金や家賃が、一般の物件より高めの設定になっていることです。この保証金が高いことや、家賃が高いことは、設備の充実さを考えると当然のことになることから、クレームと言った心配はないと言われます。ですがこれから入居者を多くするためには、大家さんもこの保証金や家賃を低くする方法を考えることも必要になって来ると考えられます。

 この高齢者向け賃貸住宅を経営すると考えた時、一般のアパート経営とは区別をする必要になります。その理由として、住まいに求めるものが全く違って来るからです。一般のアパートは、出来るだけ交通の便が良く、尚且つ低料金での入居を求めることになるのですが、高齢者向けの住宅となると、交通の便よりも、静かな環境が必要になって来ると考えられます。また、坂道が多く、急な勾配の道路を使うことも避けるべきです。足や腰が不自由と言うことも十分に考えられることから、無理のない歩行が出来る場所の選択も用意されるべきなのでしょう。高齢者向けのアパートとなると、一般のアパートでは入居される年齢が大幅に違うことから、いろいろな違いが出て来ることを覚悟すべきです。建築を考える前に、良い不動産業者との打ち合わせなどを怠らないようにすべきでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP