初心者でも心配いらず!賃貸経営にチャレンジしてみよう

トップ > 賃貸経営のコラム > 賃貸経営のメリットやデメリットは

賃貸経営のメリットやデメリットは

 賃貸経営のメリットとして、しっかりとした経営ができれば、定期的に安定した家賃収入を得られるという点です。働いている方の場合には働き続けるkとで給料という形で収入を得ることができますが、加齢に伴い定年し老後生活となった場合に身体的機能などが衰えていると若い時期のように働けない可能性が高く、年金や貯蓄に頼る生活となるでしょう。ですが、賃貸経営で安定した収入を得ることができれば、老後生活もある程度安心して日々、過ごすことができます。不動産は、状況によっては家族に資産として残すことができるという点もメリットといえるでしょう。賃貸に関しても家族がそのまま受け継ぐことができれば、家賃収入を継続して得ることができ、賃貸を継続せずに土地など売却するという手段もあるため、生活状況などによって判断してみるというのも一つの選択肢です。

 デメリットとして、賃貸物件のため空き室が出た場合など家賃収入が少なくなってしまうケースもあるため、家賃収入だけをあてにしていると生活状況が窮地に立たされることもあります。ある程度の収入が得られる反面、必ずしも毎回安定した収入となるとは限らないという点はしっかりと把握する必要もでてきます。また、経営がうまくいかず売却をするつもりで売りに出してもすぐに買い手が付くとは限りません。その点も考慮しつつ売りに出す必要がありますが、売りに出して仮に売れた場合でもこちらが提示した額よりもさらに低い額で売却するケースも少なくないという点です。状況にもよりますが、安定した経営ができることが理想的ですが、それなりにリスクを背負うということも把握し賃貸経営をするかどうか判断していくことが大切です。

 空き室が出てしまう状況の場合の対策として設備の充実をはかるというのも一つの方法です。賃貸のため不動産会社といろいろと相談してみることで賃料の見直しをしてみることも有効な手段の一つといえるでしょう。空き室が出やすい物件は、立地による問題や賃料などが主な原因になることが多く、立地に関してはあまり対策を取れませんが、賃料に関しては改善することもできるでしょう。賃料が高すぎてしまうとその物件を利用したいという方が減ってしまうため、物件の状態の把握をしておき少しでも魅力ある物件ということをアピールする意味でも、賃料を少しでも安く設定してみるなど工夫、対策を取ることが大切です。空き室が減ることで家賃収入の安定につながるためいろいろと自分なりの対策をしてみましょう。

カテゴリー

PAGE TOP