初心者でも心配いらず!賃貸経営にチャレンジしてみよう

トップ > 賃貸経営のコラム > 賃貸経営では不測の事態の対処も重要です!

賃貸経営では不測の事態の対処も重要です!

 不動産投資での賃貸経営を目指す場合、リスクとリターンの理解が基本になりますが、リスクの面では日本独特のリスクもあります。その確認も日本での不動産投資では必要になります。日本独特のリスクでいちばんわかりやすいのが自然災害です。とくに地震大国ということで、他の地震のない国、少ない国に比べて、頻繁に起こる地震災害は非常に身近です。不動産の場合は、土地での被害は少なくても、建物の被害は非常に多くなります。最近の日本各地の地震による被害を見ても、他人事とは言えないほどの被害で、それも日本のどこにでも起こる可能性があるので、ますます厄介です。ですので建物の被害ができるだけ少なくなる様な物件を選ぶということも重要です。耐震構造や免振構造、その他の工夫なども考えておく必要があります。

 災害の対策では、地震以外にも津波などもあります。購入する物件がいくら良い物件でも、津波などの被害がある地域だと、起こった後に建物自体が残っても修繕や改修などで余計な費用が掛かります。被害の規模でお金がかかるので、その点も理解しておく必要があります。また都会では隣の建物と近い場合に、被害の巻き添えをくうということもあります。避難できなくなったり、倒壊の巻き添えになったりということなどもあるので、まわりの建物や環境なども確認をしておくとよいかもしれません。その他地盤の確認も重要です。地盤が緩いと流動化現象や地盤沈下などで建物に被害が出る場合もあります。建物がどんな地盤の上に建てられているかなども確認をしておくと安心できます。地盤心配がなければ、その上に建つ建物も比較的安心ができます。

 安心して住むことができる賃貸物件に関連しますが、その他騒音も重要です。いくつもの賃貸物件を借りて住んだことがある人は、大なり小なり経験をしていますが、安心して住むことができる条件として、音の問題があります。賃貸経営は、家賃を支払ってくれる入居者がいて初めて成り立つ商売です。入居者の満足度が高ければ、それだけ人気も高まります。その中で安眠出来たり、安心して住めたりすることができる物件が人気の高い物件になります。たとえ建物が古くても、安心して住める物件は人気が高くなり、引越しをしなくてもよいと考えます。その場合騒音があり、住みにくいと敬遠されます。物件を購入する場合には、自分が住み安いかどうかや、神経質な人でも住めるかどうかなども確かめる必要があります。入居者あってのビジネスだからです。

カテゴリー

PAGE TOP