初心者でも心配いらず!賃貸経営にチャレンジしてみよう

トップ > 賃貸経営のコラム > 賃貸経営ではリスク管理が重要です!

賃貸経営ではリスク管理が重要です!

 不動産投資は、資産運用では昔から非常に重要な定番の投資方法でしたし、これからも同じでしょう。日本国内だけではなく、海外に投資をする場合でも、不動産として大きな価値のある土地や建物に投資をするという方法は、資産を夫やあしていくのに欠かせない方法のひとつになります。投資の規模の違いはあるにしても、不動産としての土地や建物をいかに収益につなげていくことができるのかが資産運用でも大きなポイントになります。そのためにも、不動投資の基本をできるだけ早く学んでおき、チャンスが来たならば投資を始めることができるように準備をしておく必要があります。人生では、どの時点でチャンスが巡ってくるかわからないので、今不動産投資ができる人も、これからンチャンスを待っている人も学ぶことは同じです。

 不動産投資では転売という方法もありますが、一般的には賃貸物件を購入して定期的な収入を得て、経営をして行くという考え方で定期収入を得ていくという方法になります。そのためにも不動産投資でのリスクを理解し、できるだけ失敗を少なくしていく必要があります。いちばん確認をしなければならない物件の内容としては立地です。賃貸物件を紹介してもらい、購入する候補に入れた場合に、立地の意味するところを今から将来に至るまでの変化とともに確認をする必要があります。立地の確認は非常に重要です。とくに人口がこれから増えるのか減るのかを言うところから調べ、物件の周りをよく調べていきます。周りが住宅地なのか、工場が多いのか、飲食店が多いのか、学校や駅の位置や、電車などの交通機関の乗り換え状況なども調べておく必要があります。

 その他に重要な点はいろいろありますが、切実なのが資金の問題です。ローンを組んで物件を購入する場合が多いでしょうが、返済が長期間続くことになるので、資金計画が非常に重要になります。不動産投資では長期投資になるので、その点を十分理解し、最悪の状態でも返済が困らないように対策を立て、計画をしておく必要があります。とくに住宅ローンでは、金利が重要です。変動金利の場合に、将来金利が上昇した時にどう対処するかも長期投資のリスクとして考えておき、すぐに行動できるようにしておきます。また固定金利などで借り入れ、返済計画に支障がないようにしておくということも方法のひとつです。できるだけ借入資金を少なくしたり、返済期間を短くできるようにしておくと、リスクも少なくできます。長期間なので十分な計画が必要です。

カテゴリー

PAGE TOP