初心者でも心配いらず!賃貸経営にチャレンジしてみよう

トップ > 賃貸経営のコラム > 賃貸経営での課題の確認をしておきます!

賃貸経営での課題の確認をしておきます!

 不動産投資では賃貸物件を購入して、不動産経営をしていき、売却が有利になれば売却しながら利益を得ていくようにします。時には、今回の東京都内や周辺の物件のように中古物件でも価格が上昇して利益を得ることができる場合もあります。東京オリンピックなどの有利な状況があったということもありますが、どこにいつチャンスがあるかわからないので、それらのチャンスを逃さないように情報収集は必要になります。インターネットを駆使して情報収集のためのアンテナを立てておきます。手間と時間はかかりますが必要な作業です。そして投資家として賃貸経営を目指す場合の課題やポイントを自分の投資の状況に合わせて分析をし、無理のない投資ができるようにしておく必要があります。不動産投資では長期投資が中心になるので、投資家の性格も長期投資向きの人が向いています。

 賃貸物件に大きな資金を投入して、長期間で回収していくという投資方法になりますので、基本的な課題の確認も重要になります。それらの基本的な知識を中心に投資を進めていかなければなりません。当然ながら最初に考えるのが立地です。需要と供給を考えて選びます。その次に資金です。これもできるだけ無理のない投資を目指し、自分の立場で将来最悪の状態になっても経営を続けていける見通しを立てておきます。希望的観測は排除しておくほどリスク回避に役立ちます。とくに考えておくべきことは将来の金利上昇です。起こらないかもしれませんが、住宅ローンなどの場合は長期間になるので、可能性として考えておきます。その時になっての対処では間に合わない可能性が高くなるからです。その他入居率や入居者の確保の見通しも重要です。

 家賃収入からしか収益は得られないので、入居者がいなければまったく利益を生まない投資です。それは価値のない所有ということになりますし、維持費や管理費、税金、ローン返済などでマイナスになるということもありえます。賃貸経営という意味がよく分かりますが、営業力や入居者の見通し、家賃の金額の低下なども見越して長期計画を立てておく必要があります。常に新しい物件が建設され生まれてくるので、今の物件の価値だけではなく、これからの築年数からくるリスクも見通す必要があります。不動産投資での投資家の必要な資質としては、今だけではなく、将来の予測をできるだけ考えて対処できるような能力も必要です。また、管理に関しても、こまめに気が付きできるだけコストを抑えることができるような人に向いています。

カテゴリー

PAGE TOP