初心者でも心配いらず!賃貸経営にチャレンジしてみよう

トップ > 賃貸経営のコラム > 賃貸の経営で家賃をどうやって設定するか

賃貸の経営で家賃をどうやって設定するか

 マンションなどを借りるとき、気になるのは賃料でしょう。少しでも安いところを利用したいと考えます。立地がいいところはどこも高いので、安さを求めて郊外を探すこともあるはずです。その時、都市部で安いところを見つければ飛びつくでしょう。利用者にとって安さは大きな魅力になります。賃貸を経営するとき、家賃をどうやって設定するかは重要なポイントになります。利用者のことを考えれば、とにかく安くすれば良さそうに感じます。周りが10万円ぐらいで提供しているなら、8万円や7万円にすれば安い物件として人気が出そうです。しかし安くすればいいわけではありません。入ってくれているときは賃料が受けられますが、どんどん老朽化します。すると価値も下がってきます。それなりに修繕などもしなくてはいけません。

 まず賃料を決める時には、近所の相場を調べましょう。そして相場に近い価格を設定するようにします。この時には、近くにある物件で、同じような築年数、同じような間取りなどを調べます。自分で調べてもいいですが、不動産会社などに相談をすれば教えてもらえます。注意としては、一つの建物内ですべてが同じ家賃ではないことでしょう。基本的には個別契約になるので、その都度新たな家賃設定がされています。ある物件では、すべての入居者が異なる家賃のこともあります。また、マンションであれば建物内で人気の部屋と人気のない部屋があります。エレベーターがあるなら上階の方が人気が高くなり、角部屋も人気があります。1階はセキュリティーなどがしっかりしていないとなかなか入ってもらえません。差があるなら賃料でも差をつける必要があります。

 新築時は周りの相場よりも高くても入ってもらいやすいです。それは新築による価値が上乗せされているからです。逆に築年数が増えるとどんどん価値は下がります。それも考慮して年数が経てば賃料を下げることも考えないといけません。以前に比べて空室率が高くなっているなら、周りに比べて賃料が割高になっている可能性があります。少し値下げをする必要があるかもしれません。物件の価値を維持する方法としては、きれいに管理をすることでしょう。毎日の掃除は意外に人気を維持します。掃除をしていないとゴミなどが集まり、そのうち落書きなどをされてしまいます。きれいな物件だと住民もきれいに使ってくれるので、いつまでも外観などがきれいに保たれます。定期的にリフォームをしたりリノベーションをすれば、価値が維持できます。

カテゴリー

PAGE TOP